目次



頭皮が乾燥しているとき、頭皮の水分と油分は失われています。

乾燥頭皮になると、細菌などが皮膚の内部に侵入し、かゆみや炎症が起きやすくなります。

フケはその角質がはがれ落ちること・・・。

かゆみ・炎症がひどくなってしまいます。

放っておくと頭皮が不健康になり、ヘアサイクルも乱れ、やがては脱毛につながります。


原因

@ 洗いすぎ
1日に何度もシャンプーすると、頭皮が必要とする皮脂が取り除かれてしまいます。皮脂膜のバリア機能が失われ、頭皮内部の水分が蒸発してしまいます。
皮脂が失われた頭皮が元の状態に戻るまで、24時間かかります。

A アレルギー
頭皮に合わないシャンプーの使用や皮膚についている真菌・細菌のほか、食べ物、ダニ・ハウスダスト、ストレスなどが原因でアレルギーを引き起こし、頭皮のバリア機能が失われてしまいます。
低刺激のアミノ酸シャンプーや、真菌の繁殖をおさえるシャンプーなど、頭皮状態に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう。

B 加齢
時の流れを止めることはできませんが、頭皮の老化をゆるやかにすることは可能です。頭皮を健康な状態に保つよう、お手入れしてあげましょう。

C 血流
頭皮の血流をよくする顔ヨガや頭皮マッサージ、ブラッシングもおすすめです。
ブラッシングは頭皮を傷つけないよう、やさしくしてください。
少しの時間でいいので、毎日続けることが大切。
血流がよくなることで、細胞に栄養が行き渡り、老廃物を運び去ってくれます。
頭皮のアンチエイジングにつながります。

D 栄養
頭皮も栄養が足りないと、必要な皮脂が分泌されなくなりカサカサになります。
髪も頭皮も食べ物からできていますので、偏らないようまんべんなく食べましょう。


対策

★ シャンプーを敏感肌用に変えてみる。

★ シャンプーをする前にしっかりを頭皮全体をよくすすぐ。

★ シャンプー後はしっかりすすぐ。

★ シャンプーを2日に1回にする。
(気持ち悪い場合はシャンプーを使わない日には、水洗いをするなどする)


また、これら以外の原因として、アトピー性皮膚炎などの症状の場合も有ります。

頭皮の乾燥、かゆみなどがあまりに酷いと感じた場合には一度専門医、皮膚科などで診察してもらうことをオススメします。


★おすすめメニュー★

ヘッドスパ

★ おすすめホームケア商品 ★

シャンプー   シャンプー


髪のUV対策してますか?← 目次TOP →フケの種類について

ブログ

和漢カラー

ヘッドスパ

ご予約

リピーターのお客様でご予約が埋まっているため、初めてのお客様は1日3名様限定となります。
お早目にご予約ください。
web予約

TEL
06−6417−6603

兵庫県尼崎市七松町2-4-22
JR立花より徒歩5分
am9:00〜pm19:00
月曜日・第3日曜日休み
駐車場あり

 地図を見る

立花ウォーカー

シャンプー

このページのトップへ