目次




ヘアスタイルを上手にセットするコツは、スタイリング剤のつけ方よりもブローが1番大切です。

濡れた髪はとってもデリケート。

いきなりブラシを使ってブローすると、切れ毛や痛みの原因になります。

★ 手グシで乾かしてから最後にブラシを使う。

★ 乾かす順番を守る。

それだけで、一段ときれいに髪が整います。


ブローの順番

@ 髪の水分をしっかりタオルで吸い取る。
タオルでバサバサと髪を拭くと痛みの原因になりますので、優しくたたくように髪の水分を拭き取ります。

A 洗い流さないトリートメントを付ける。
付けても付けなくてもいいですが、ドライヤーの熱から髪を守るためには、オススメです。
付けすぎると乾きにくくなりますので、適量を髪の中心から毛先にかけて付けてください。

B まずは、乾きにくい根元から
毛先は1番乾きやすく痛みやすいので、最後に乾かします。
まず始めに、1番乾きにくい根元から乾かします。
後ろの髪を左右に分け、左右それぞれの根元を、ドライヤーで後ろから前へ乾かします。
髪が顔に覆いかぶさるくらい後ろからドライヤーをあてるのがコツです。
後ろからだんだん前へ移動して乾かしていきます。

C 根元が8割乾いたら、次は中間を乾かします。
根元と同じように、後ろから前へ向かって乾かします。
髪は短い方は、根元を乾かしている時に、ある程度中間も乾いていると思います。

D 最後に毛先を
毛先は最後の仕上げです。
痛みやすいので、手早くしましょう。
手グシで髪を少し引っ張るように乾かします。

※まだここまではブラシなどは使わないでください。

E ここで初めてブラシを使います。
毛先が少し湿っている状態になったら、最後にブラシを使います。
ブラシを縦に内巻きにすると、きれいにブローができます。
※ブローで髪の形をきめる時に温風で暖めてから、冷風で冷やすと形がしっかりつきます。
内巻きなどはこの方法が1番効果的です。

F 仕上げは後ろへ
ドライヤーを冷風に切り替えます。
ここまではずっと後ろから前へ向かって乾かしてきましたが、仕上げで前から後ろへ軽く戻すようにブローします。
冷風で冷やすとキューティクルが締まってツヤが出ます。


★おすすめホームケア商品★

洗い流さないトリートメント   洗い流さないトリートメント  洗い流さないトリートメント


リンス・コンディショナー・トリートメントの違い← 目次TOP →脂っぽい頭皮について

ブログ

和漢カラー

ヘッドスパ

ご予約

リピーターのお客様でご予約が埋まっているため、初めてのお客様は1日3名様限定となります。
お早目にご予約ください。
web予約

TEL
06−6417−6603

兵庫県尼崎市七松町2-4-22
JR立花より徒歩5分
am9:00〜pm19:00
月曜日・第3日曜日休み
駐車場あり

 地図を見る

立花ウォーカー

シャンプー

このページのトップへ