目次



シャンプーのあと、ドライヤーを使わず自然に乾くのを待ったり、そのまま寝てしまったりしていませんか?

ドライヤーの当てすぎも髪を傷めますが、自然乾燥の方がもっと髪が傷みます。

なぜか!!
水分を含んだ髪は、キューティクルが立ち上がって開いている状態です。
このキューティクルが開いた状態は、とっても髪が痛みやすい状態なのです。

少しこすれるだけで簡単に傷ついてしまいます。
剥がれたり裂けたりすると、枝毛や切れ毛の原因になります。

夏の時期は特に雑菌が繁殖するなど、頭皮トラブルや匂いの原因にもなるので、なるべく早く乾かしましょう。

キューティクルがきれいに整っていると、髪にツヤがでてきますよ。


ドライヤーは短時間に!!しっかり乾かそう


@ タオルドライで水分を取る
タオルで髪の毛をはさみ、パンパンとたたくように水分を取ってください。
こすり合わせたり、バサバサと拭くと傷んでしまいます。

A 洗い流さないトリートメントで保護する
ドライヤーの熱で髪が傷むのを防ぐために、洗い流さないトリートメントを使うのもオススメです。
クリームタイプ・オイルタイプ・スプレータイプがあります。
傷みやすい毛先に優しく押しこみます。

B ドライヤー
大風量の方が早く乾くので、オススメです。
髪から15p離せば、熱によるダメージを防げます。

C 乾かす順番
襟足から耳の後ろの部分を最初に乾かします。
下から順に乾かすことで、ふわっとした仕上がりになります。
最後に根元から毛先に向けて、ドライヤーをかけることによって、キューティクルが整い、ツヤが出ます。

Ponit
水分を含んだ髪の毛はデリケートです。
短時間で優しく乾かしましょう。

★おすすめホームケア商品★

洗い流さないトリートメント   洗い流さないトリートメント  洗い流さないトリートメント


お風呂でできるさらさらトリートメント法← 目次TOP →いいシャンプーの見分け方


ブログ

和漢カラー

ヘッドスパ

ご予約

リピーターのお客様でご予約が埋まっているため、初めてのお客様は1日3名様限定となります。
お早目にご予約ください。
web予約

TEL
06−6417−6603

兵庫県尼崎市七松町2-4-22
JR立花より徒歩5分
am9:00〜pm19:00
月曜日・第3日曜日休み
駐車場あり

 地図を見る

立花ウォーカー

シャンプー

このページのトップへ